即日審査で最短30分で借り入れをするなら人気ランキングから!

最終更新日:2017年10月24日

消費者金融のおまとめローンの利用

電卓を持つ男性

消費者金融には総量規制が適用される為、原則的に年収の1/3を超える借入れを行うことはできません。ですが他社からの借換えになる”おまとめローン”に対してはこの総量規制の例外規定が適用される為、年収による借入れ額の制限がありません。

よって、高額の借入れになってもそれ自体が問題になることはないので、消費者金融を複数利用している人はこのおまとめローンを利用すると、今後の利息の軽減や、月々の返済額を減らすことができる可能性があります。

このおまとめローンは大手消費者金融各社で扱っており、通常のキャッシング契約とは別になります。借換え対象となるのは主に他の消費者金融の利用分と、クレジットカードを利用したキャッシング分です。

ショッピングローンの残高や、銀行からの借入れは対象にならないので注意してください。

消費者金融のおまとめローンを利用するには、借換え対象先と、それぞれの借入れ残高を明記して申込みを行います。審査に合格すると、その場で対象の各借入れ先に対してその消費者金融より直接返済が行われます。

例えばA社から30万円、B社から50万円、C社から70万円という借入れがあった場合、合計した150万円の審査に合格すると、その消費者金融よりA社に30万円、B社に50万円、C社に70万円が振込みされるということです。この際の振込み名義はおまとめローンの申込み者の名前になるので、表面上は本人が完済したという形になります。

これも消費者金融のおまとめローンの特徴の1つだと言えます。そして、この例では合計した150万円が新たな1つの借入れとなり、今後その返済を行っていくことになりますが、このようにおまとめローンによって借入れを行う金額が100万円以上になると、利息の軽減が期待できます。

利息制限法により、1箇所から100万円以上の借入れを行うと、年利15%が最高金利になります。100万円未満では18%なので、少額の借入れが多かった場合、約3%の利息の軽減が期待できるのです。

このことから、合計して100万円以上になる場合はすすんでおまとめローンを利用するべきだと言ってもいいでしょう。

更に、おまとめローンでは月々の返済額や返済回数を相談の上で決定します。その為、今までより毎月の返済額を減らしたり、返済回数に余裕をもたせるようなことも可能です。消費者金融のおまとめローンはこのような特徴があります。

借換え対象こそ他の消費者金融などだけに限られてしまいますが、特に合計して100万円以上になる借入れを抱えている場合には、このおまとめローンを利用して一本化してしまうに越したことはありません。

消費者金融おすすめ人気ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カードローン比較

消費者金融おすすめ人気ランキング!
消費者金融に関連する人気記事
消費者金融関連記事一覧