即日審査で最短30分で借り入れをするなら人気ランキングから!

最終更新日:2017年08月18日

消費者金融の審査に関することを中心にして

虫眼鏡を持っている男性

■利用者のニーズに応えるにはー最近では消費者金融業界は「即日キャッシング」が当たり前になってきました。

今日中に借りれるということをうたい文句にしているわけですが、今日中どころか申し込みから審査までなら最短で30分程度で終わってしまいますし、振込までの時間を合わせても1~2時間ほどです。即日どころの話ではないのです。

それほどのスピードを求められるようになった消費者金融の審査において、審査を担当する人たちがやることは、そのほとんどがシステム化されています。そうでないと、多くの案件をスピーデイーにさばくことができませんからね。

■審査に関することについてーそもそも、最近では金融庁からの締め付けもきつく、以前ほど簡単には借りることができなくなっているという事実があります。総量規制(年収の三分の一を超える借り入れはできない)もあります。

ただ、審査がかなりシステム化されていても、各消費者金融が審査のどこに重きをおくのかの違いは確実に存在します。
あっちの会社の審査には落ちたけど、こっちの審査は通った、ということが起きるのはそのためなんです。

スピーデイーに決済するために、各消費者金融は各人の個人情報や信用情報に対してスコアリング(点数化)しています。
人の判断がほとんど入らず、システマチックに採決するため即日融資も可能なのです。

■個人情報や信用情報をスコアリング(点数化)して判断されるー利用者の個人情報の各項目に対して、それぞれ点数が
割り振られスコアリングされます。

例えば、公務員や大企業に勤めているサラリーマンの方が、アルバイトで生計を立てている人よりも高い点数が割り振られます。
その他、年齢もそうですね。働き盛りの30~40代は点数が高く、それよりも年齢が上に上がるほど低くなります。

規約にも記載されていますが、一定の年齢を超えるとそれだけでお金を貸し出すことはなくなります。
その会社に何年働いているのか、持ち家なのか賃貸なのか、そこに何年住んでいるのか、など、それぞれに点数が割り振られているわけです。

それと合わせて重要なのが信用情報機関に登録されている個人信用情報です。他に利用している金融業者はないか、延滞情報や債務整理などの事故情報がないかチェックします。
この信用情報についてもすぐに判断できるように、消費者金融はそれぞれの基準を設けているわけです。

それと、総量規制の問題もあります。これらのことから審査される内容を大きく2つに分けると以下になります.

1.個人情報 2.信用情報機関+総量規制

特に、総量規制が施行された2010年からはこの規制にかかって借りることができないという方の割合いが増えました。
ホームページ内に「簡易診断」を用意している消費者金融もあります。

わずか3~4項目ですぐに診断結果が分かるのですが(もちろん簡易的なもので申し込みにはなりませんので試してみることです)、どの診断であっても現在の借入金額と年収の入力は必要です。

逆にいうと、総量規制にかからないのであれば審査に通る可能性は高いとも言えます。

消費者金融おすすめ人気ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カードローン比較

消費者金融おすすめ人気ランキング!
消費者金融に関連する人気記事
消費者金融関連記事一覧