即日審査で最短30分で借り入れをするなら人気ランキングから!

最終更新日:2017年10月24日

消費者金融の無利息商品の主たる特長

消費者金融によっては、無利息の商品を宣伝しています。最近では大手の賃金業者などでも、無利息タイプをアピールしている事が多いです。
無利息商品は、確かにメリットは大きいのです。そしてそれは、銀行ではめったに採用されていません。基本的に銀行の場合、借りた分だけ手数料は支払っていく事になります。もちろんそれは日割り計算になりますから、借りた日数分の手数料を支払う事になるのです。
ところが賃金業者による無利息の商品ですと、それをゼロ円にできる訳です。ただしそれには一定の条件もあります。
まず借りる事ができる金額には、上限値はあります。仮に30万と決められている消費者金融で、40万で融資を受けた時などは、無利息は適用されません。あくまでも30万以内というルールになるからです。
それと無利息商品には、もちろん期限が決まっています。決められた日までに、全額返済するというルールがあるのです。
仮にそれが、融資日から数えて1ヶ月というルールだとします。それで完済日が45日目だったとすると、残念ながら無利息は適用されません。あくまでも30日以内というルールになるので、通常の手数料が適用される事になります。
このように様々な条件はあるのですが、それでも手数料がゼロになるメリットは大変大きいです。とりわけ給料日直前などは、それで助かることがよくあります。何せ給料日になれば、確実にお勤め先からお金が振り込まれる訳です。その日に消費者金融に全額返済をすれば、もちろん手数料を支払わずに、借りる事ができます。そのシステムに魅力を感じて、給料日前に無利息商品を利用している方々も大変多いです。
ですから消費者金融の無利息商品は大変便利なのですが、デメリットも1つあります。上記でも触れた通り、金額に関する制限がある点です。
そもそもどこかの会社からお金を借りる時には、ややまとまった数字になる事もあるでしょう。30万などでなく、時には100万以上になる事はあります。そういう金額ですと、残念ながら無利息の商品の適用外になるケースも多いです。ですから高額融資というニーズには、やや不向きな一面はあります。
それでも使い方によっては、やはり消費者金融の無利息というシステムは、非常に便利である事は間違いないでしょう。上記でも触れたような給料日直前などでは、有効活用してみるのが良いと思われます。
ただし消費者金融が設定している回数制限には要注意です。第1回目の借り入れのみ無利息になる商品もあれば、無制限の商品などもあります。具体的に何回まで無利息になるかは、よく確認しておく方が良いでしょう。

消費者金融おすすめ人気ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カードローン比較

消費者金融おすすめ人気ランキング!
消費者金融に関連する人気記事
消費者金融関連記事一覧